「すうぃーとらびん:SweetLovin'」現在過去作品1本プレゼント中です!詳しくはhttp://sweetlovin.blog39.fc2.com/blog-date-20100324.html(3/24の記事)をご覧ください!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演技・キャラクタ・制作
2009年12月04日 (金) | 編集 |
▼SweetLovin'(すうぃーとらびん)作品購入方法
.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜
logo200.jpg
.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

演技・キャラクタ・制作。



みなさん 朝晩はほんと寒いですね~。
maho_ura_320.jpg
『私立カナリア学園中等部』
西澤まほ役

と、

『初恋りみてっど~ん!-ラジオドラマ風味ー』
小宵役のスワンです。
100_100.jpg
+++++++++++++++++++++++++++++




何度か、「映画や俳優さんから学ぶ演技」「映画から学ぶ制作側の話」「キャラクタのこと」
などを書きましたが、今日もその仲間のような内容です。


まずひとつめは「俳優さんから学ぶ演技」です。
今月12月5日からロードショーの「インフォーマント!」

実在の人物がモデルの映画だそうです。
主人公は、有名大学を卒業し33歳で大手企業の重役に出世した
マーク・ウィテカー。

この人物を俳優のマット・デイモンが演じられます。
matto.jpg
▲マット・デイモンさん


この主人公は、FBIに会社の違法行為を告発。
やがて仰天の事実が発覚。マークも追われるハメに…。
というストーリーなんだそうです。



その主役を演じるマット・デイモンの演技が
すばらしい!と評価されてました。


その評価内容にスワンは目をみはりました。
(映画まだ見てないのでね…)



その内容はこうでした…





『相当うさん臭い人物を、

熱演に見せない軽やかさと愛嬌で演じる』




というところです。
このキャラクターは、なかなかクセのあるキャラクターみたいです。


演じる側が、必死になり過ぎると
変に大袈裟になったり
鼻につく演技になったりします。


そのあたりが、うまく、自然に演技できてるんだろうな
と感じました。



これは、もちろん声優にも通じること。
むしろ、声だけで演じるほうが厳しいと思う。


アニメなどで動画と一緒に声を聴いてもらう際には
まだ助けられるけど

ほんとに声だけの演技(私達の制作してるボイスドラマとかね)
の場合、ちょっとした登場人物(キャラクター)のイラストと
性格などが書かれたリーフレットだけが頼り。


聴いて下さる方は、ジャケットイラストのキャラクタの絵と
人物関係が少し説明書きされたリーフレットしかありません。


そこで演じてる声と、お話の状況に合わせたBGMやSEだけで
どれだけ自然にそのお話の中に引き込まれていってもらえるか
(ちょっと変な表現ですが)


なんですよね。
だから本当に自然な演技ができればいいなと思います。
それは、イラストかSD系だったり、
いかにもアニメ!みたいな絵柄だったとしても



キャラクター声のキャラクタを求められたとしても、
洋画の吹き替えの声をあてるにしても(見てる絵が人間ってこと)



演技に自然さは求められます。
アニメ声だったとしても、演技は自然なほうがいいのです。


そのイラストの女の子が本当に喋ってるように演技する
それが大切。




そうするには、やはりキャラクターをしっかりつかむってことですよね。
そこで次に、
本木雅弘さんが演じるキャラについて語っている記事をご紹介します。


司馬遼太郎の代表作を壮大なスケールで描く
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」で
日本海海戦を勝利に導いた立役者・秋山真之を演じられます。
motoki.jpg




なんとこのドラマ、
3年にわたる撮影期間があったのだそうです(@_@;)


その間、本木さんは、他の仕事を一切受けず、
真之役に全力投球されたのだそうです。



「制作」 という点で驚いたのは
このスペシャルドラマの数時間に

3年間の撮影期間を投じてきた
という、制作側のひとかたならぬ熱い情熱を感じ
制作期間についても、とても興味をひきました。




そしてそのキャラクタについて本木さんが
次のように語られてます。


『実在の偉人ですし、
ただ憧れる気持ちで演じるしかないと思っていた』


というのが収録当初の心境だったようですが、




『資料を読み込むほどに
真之の難解な性格が顔をのぞかせてきた。

海兵学校に入学して軍人への道をひたすら走る一方で
無二の親友・正岡子規(香川照之)の前では
涙を流して自分の心情を語る人間くさい一面もある。


明るく快活な性格ですが、
一方で、繊細で揺らぎのある人。
その辺をどう演じるかが難しいところです。


ただ、天才的能力を持った人には
奇人みたいな部分もありますが
真之さんは破滅的な人ではない。
それが素晴らしい。』




と語っていました。



こんな風にキャラクタの内面を深く掘り下げていく内に
わかることってあるよね。


そしてその人物を演じるのであれば
わかるだけでなく、表に見える形で表現しなくちゃいけないよね。


それは、俳優も声優も同じです。




「キャラクタ」という点では、この真之の性格のことを
『明るく快活な性格ですが、一方で繊細で揺らぎのある人。』

と書かれています。
ここは読んでて、スワンも似てるかも…
と少し思いました。


真之さんのような素晴らしい実績を持つ
そんな偉大な人物と比較するのもおこがましいですが^^;

また、天才的なところもあるのか!?
と言われれば、ないですけど…^^;



ただ、両局面を持つ性格ということはあたっているようです。
(二重人格ってことじゃないよ!)



細木数子さんの六星占術では
スワンは「霊号星人」なのです☆
「火」と「水」の両面も持ってるといわれるのですよ。
▼参考まで…「細木数子さんの六星占術」

こんなの見つけました。



この占いを大いに参考にしてるって訳じゃありませんけど
読んだことあるので…
その時に、「霊号星人なんだぁ~」と思ったので少し興味持ちました☆(*^^)




・・・と少しテーマからずれましたが
今朝はこのように、新聞記事から
演技・キャラクタ・制作。
について感じました。









それではぁ~(^。^)y-.。o○
//////////////////////////////////////////


今日も遊びにきてくれて
どーもありがとうね☆

スワンでしたぁ~♪


 .。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜


★スワンが ガンダムエースにキャラクターとして登場しました!!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

ガンダムエース8月号(2009年6月26日発売号)の
『機動戦士ガンダム CDA 若い彗星の肖像』著者:北爪宏幸氏により
スワンが”スワン艦長”として登場しています☆

シャア・アズナブル率いる艦隊のうちのひとつの船、
”ムサイ級巡洋艦ヴィムメルの艦長、スワン艦長として登場!!
ぜひ一度ご覧ください\(◎o◎)/!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

▼090625記事1
▼090626記事2
▼090627記事3



・‥‥…◆ SweetLovin'サポーターさまのお知らせ ◆…‥‥・
★☆★CD紹介キャンペーンページ★☆★
こちらも実は力作なんです!ぜひご覧ください♪



++++++++++++++++++
★ブログランキングに参加してるんだぁ~★   
maho100
★最近どうなってるのかぜんぜん知らないんだけどね.ヽ(≧▽≦)ノ.★★★
++++++++++++++++++


   ・

   ・
   
   ・

ホームページはコチラをクリック♪

+++++++++++++++++++++++++++++

それではぁ~(^。^)y-.。o○
//////////////////////////////////////////


今日も遊びにきてくれて
どーもありがとうね☆

スワンでしたぁ~♪


 .。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜


★スワンが ガンダムエースにキャラクターとして登場しました!!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

ガンダムエース8月号(2009年6月26日発売号)の
『機動戦士ガンダム CDA 若い彗星の肖像』著者:北爪宏幸氏により
スワンが”スワン艦長”として登場しています☆

シャア・アズナブル率いる艦隊のうちのひとつの船、
”ムサイ級巡洋艦ヴィムメルの艦長、スワン艦長として登場!!
ぜひ一度ご覧ください\(◎o◎)/!

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

▼090625記事1
▼090626記事2
▼090627記事3



・‥‥…◆ SweetLovin'サポーターさまのお知らせ ◆…‥‥・
★☆★CD紹介キャンペーンページ★☆★
こちらも実は力作なんです!ぜひご覧ください♪



++++++++++++++++++
★ブログランキングに参加してるんだぁ~★   
maho100
★最近どうなってるのかぜんぜん知らないんだけどね.ヽ(≧▽≦)ノ.★★★
++++++++++++++++++


   ・

   ・
   
   ・

ホームページはコチラをクリック♪
スポンサーサイト
テーマ:声優
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。